100年受け継いだ味

1910年
1910年、祖母が自宅の軒先に「旗」を出し、料理屋を開店。
当時、自宅を開放して料理を提供していることを示すのに、この「旗」を使いました。
メニューはソルロンタンのみ。
ソルロンタンは注文を受けてから提供するまでの早さと、その栄養価の高さから旅行者や労働者にも人気のあるメニューでした。
1945年
第二次世界大戦の終了と同じ時期に韓国の店も閉店しました。
その後、祖母のソルロンタンの味は母に伝えられ、母から私に伝えられました。
日本で「さんぱ家」オープン。
さんぱを日本に伝えようと、東京のコリアンタウン、新大久保で
こだわりのさんぱをご提供しています。
2011年
「ソルロンタン」メニュー開始。

栄養価も高く、女性の美容にも効果のあるソルロンタンを、100年前の祖母の調理法方を守って復活。
現地韓国と同じように「気軽に」食べられるようにしたいとお手ごろな価格で提供しています。
さんぱ家もしくは通販にてご利用ください。

▲ページのトップに戻る

こだわり

美容効果

一工夫でもっと美味しい!家族だからできるアレンジメニュー

100年受け継いだ味

お店でも召し上がれます